The Manager + PLUS : Football Manager 2013, 2014, 2015,2016

フットボールマネージャー 攻略,戦術,日記ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

FM14 Barnet 2014/15 Member file

イングランド・カンファレンスプレミアを優勝し、2014-15シーズンのフットボールリーグ2を戦う Barnet のメンバーを紹介する。


GK

Michael Fraser

Graham Stack

Nick Jupp
 
DF

Andy Graham

David Stephens

W Edjenguele

Yado Mambo

L Jean-Francois

Stuart Duff

Elliott Johnson
 
MF

Wade Elliott

Shaun Derry

Nick Montgomery

Anthony Griffith

Joel Byrom

Luke Gambin

Harrison Dunk

David Robertson

Mark Gilhoney

K Marsh-Brown

Robin Shroot
 
FW

Steve Howard

Chris Beardsley

Greg Stewart
 




チーム紹介

第一GKには、スコットランド Ross County から Fraser を 1.8M (円) で獲得。「ハンドリング」と「反応」が13、「敏捷性」が12とリーグ上位の数値を備えている。
昨年度主将の Stack はバックアップに回り、ローン移籍を終えた Jupp が三番手に控える。

今年度よりキャプテンマークを巻くのは、センターと右サイドをこなせる長身ディフェンダー Andy Graham だ。2014年1月の移籍期間最終日に完全移籍し、生粋のリーダーとしてチームを引っ張る。
カンファレンスプレミアで不動のセンターバックだった Stephens と Edjenguele に、ボスマン移籍の Yado Mambo が挑戦する。また、新加入のスコットランド人 Stuart Duff はセンターバックを除き、ディフェンスラインから中盤までこなせるマルチロールだ。

中盤は最も入れ替わりが激しくなった。
ベテラン勢としては、36歳の Shaun Derry 、32歳の Nick Montgomery を共にボスマン移籍で獲得した。確かな守備能力をもっている二人で、後者は「運動量」が20と極楽監督の構想に最適な人材と考えられている。
両ワイドには、Preston からのローン移籍で Joel Byrom 、ボスマン移籍で David Robertson 、カンファレンスプレミアの Cambridge から 7.1M (円) で Harrison Dunk を獲得。いずれも複数ポジションを兼任できる選手であり、激しい競争が期待される。

昨年度のファン投票1位 Mark Gilhoney ら既存戦力も含め、分厚い陣容となっている。

アタッキングサードでは、左ワイドから Luke Gambin がコンバート。ライバルクラブ Stevenage からのローン移籍がファンから不評の Robin Shroot とトップ下の座を争う。ここには、中盤の核である Wade Elliott も「熟達」な適正があり、4-4-1-1 への移行準備は万全と言える。
ストライカーは3名で、38歳になったターゲットマン Howard 、フォルスナイン役として「ドリブル」17を誇る Greg Stewart 、万能な働きが出来る Chris Beardsley と異なるタイプを揃えた。
二人はボスマン移籍で、獲得競合クラブを蹴って来てくれた人材である。

2014-15シーズン夏の移籍期間における新戦力は11名で、セミプロ中心のリーグからプロリーグへ戦いの場を移す Barnet らしい積極的な補強となった。

| Story | (C) 2013-2016 MrGokuraku  | TOP

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT