The Manager + PLUS : Football Manager 2013, 2014, 2015,2016

フットボールマネージャー 攻略,戦術,日記ブログ

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

Jリーグ夏春制(別名:秋春制)・日程独自案

世界基準から大きく遅れを取る春秋制支持者からは「実現不可能」と言われる、Jリーグの夏春制について、2015-2016シーズンが夏春制であると仮定し、具体的な日程を示す。

≫ Read More

| Match report | (C) 2013-2016 MrGokuraku  | TOP

≫ EDIT

グアルディオラのスイッチ式3バック

熱心な研究家として知られる“ペップ”・グアルディオラ監督による3バックとは、普遍的なシステムと何が異なるのか?
オーソドックスな布陣としては4-1-2-3 を採用するバイエルン・ミュンヘンが、究極のポゼッションフットボールを追求している。

≫ Read More

| Match report | (C) 2013-2016 MrGokuraku  | TOP

≫ EDIT

トゥヘル・ドルトムントの基本戦術

前任のクロップ監督からチームを引き継いだトゥヘル監督は、アジアツアーで 4-1-4-1 を一貫して採用した。
新指揮官が新シーズンのためにセットした基本戦術、コンセプトはどのようなものだろうか。

≫ Read More

| Match report | (C) 2013-2016 MrGokuraku  | TOP

≫ EDIT

アルゼンチンが見せた最先端のビルドアップ

メッシほどの天才、何十年に一人の逸材を手元に置いた監督なら、誰でも中心選手として扱い、戦術の軸にするだろう。
マルティーノ監督は、どのようなシステムでコパ・アメリカ2015に臨んだのであろうか。

≫ Read More

| Match report | (C) 2013-2016 MrGokuraku  | TOP

≫ EDIT

戦術的発展性が欠落したブラジル代表

チリで行なわれているコパ・アメリカ2015から、ブラジル代表が姿を消した。
世間的にはネイマールの出場停止を敗退の直接的な理由とするようだが、彼らの採った戦術も5年前から進歩のないものだった。

≫ Read More

| Match report | (C) 2013-2016 MrGokuraku  | TOP

≫ EDIT

チリ代表のビルドアップ潰し

開催国チリはグループAを首位通過し、グループリーグ三戦を消化したサンティアゴのエスタディオ・ナシオナルでの四戦目を迎えた。
対するウルグアイはグループB3位ながら、3試合2得点2失点のように、ロースコアでの決着を目指した。
準々決勝第一試合の結果は1-0でチリ代表が勝利を収めるが、戦術的にキーとなるポイントはどこにあったのだろうか。

≫ Read More

| Match report | (C) 2013-2016 MrGokuraku  | TOP

| PAGE-SELECT |